お米の美味しい炊き方


1.お米をきちんと計る

お米をきちんと計る

美味しいご飯を炊くための第一ポイントは、お米の量を計量カップで正確に計ることです。
ご飯の美味しさは水加減で左右されますので、お米の量・水の量をきちんと計ることが大切です。


2.お米の研ぎ方

お米の研ぎ方

まずは、きれいな水を入れ、手早く2~3回かき回して捨てます。
水を捨てたら、米を手前に寄せ手のひらのつけ根を使い10回程度軽く押すように研ぎます。
この時、あまり力を入れすぎるとお米が傷ついてしまいます。
研ぎ汁が濁りますので、水を加えてかきまわし、その水を捨てては研ぐという作業を4~5回繰り返します。


3.研ぎ終わったらしっかり水を切る

研ぎ終わったらしっかり水を切る

お米は研ぎすぎると味も栄養価も落ちてしまいます。
研ぎ汁がほどほどに薄くなる程度になったら、ザルに上げてしっかりと水を切るようにします。


4.新米と古米では水の量を変える

新米と古米では水の量を変える

新米の場合、お米1に対して水1.1倍程度が目安です。
古米の場合、お米1に対して水1.2倍程度が目安です。

お好みにあわせて変えてみてください。


5.新鮮な水を浸透させる

新鮮な水を浸透させる

炊飯器のスイッチを入れる前に、お米の芯まで新鮮な水を浸透させます。
夏場の場合、30分程度。
冬場の場合、1時間~2時間程度。


6.炊きあがったら蒸らす

炊きあがったら蒸らす

炊飯器内の米粒の水分は、炊きあがり後も不均衡な状態なので、10~15分はそのままにして置き、その間に釜の余熱で米粒間の水分を均衡にします。
炊飯器に蒸らし機能があれば大丈夫です。


7.余分な水分を飛ばす

余分な水分を飛ばす

蒸らしが終わったら、しゃもじを内釜の周辺から入れ、掘り起こすように、ふんわりと掻き混ぜます。
あまり力を入れすぎないように、軽く混ぜるのがポイントです。
これは余分な水分を飛ばして「お米を立たせる」・「味を均一化」するためです。



ここにご紹介した「美味しいお米の炊き方」は、当店の主観によるものです。

昨今は炊飯器などの性能や機能も充実しており、蒸らすことを必要としないものなどもあります。

ほんの一例としてご覧ください